MENU

大阪医科大学附属病院ってどう?⇒看護師の求人と評判・口コミを見てみる!

 

大阪医科大学附属病院のホームページ

 

 

高槻市にある大阪医科大学附属病院ですが、
北摂エリアでもかなり規模の大きな急性期病院です。

 

 

 

 

そのため様々な症例の患者さんをみることが出来るので、
キャリアアップしたい看護師にとってはやりがいのある職場環境です。

 

 

しかし実際に働いている看護師の中には、
ハード過ぎる職場環境に疲弊している人も多いようで、
結婚や出産を機に退職を考える人も少なくありません。

 

 

では実際に働いている看護師の声を元に内部情報をまとめてみたので、
もし転職を考えている人は是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

大阪医科大学附属病院のリアルなところ

 

給料
忙しさ(残業)
有給消化
人間関係
設備の新しさ
総合的なおすすめ度

※実際に働いている看護師に聞いた情報です。

※独自の調査によるデータのため配属先によって相違があるケースもあります。


 

 

大阪医科大学附属病院は日々の救急件数もかなり多く、
入退院も常にあるような職場環境で常にバタバタしている状態です。

 

 

毎日2〜3時間の残業時間に加えて、
大学病院ということで勉強会や研修も多く、
看護業務以外の活動時間もかなり多いようです。

 

 

 

 

そのため8割の看護師が20代ということで、独身ナースが多いのが現状です。

 

 

子育て中のママさんナースは、基本的には外来で働くケースが多いのですが、
外来の人数が充足していると病棟で勤務をすることになります。

 

 

しかし病棟では子持ちナースへの配慮が少なく、
残業も通常通るあったり夜勤もしなければいけなかったりと、
体力的な負担もかなり大きくなってしまいます。

 

 

また大阪医科大学附属病院では付属の学校出身の看護師が多いので、
人間関係に関しては不足の学校出身のナースは馴染みやすいですが、
外部から来た看護師には馴染みづらいと感じる部分も多いようです。

 

 

 

大阪医科大学附属病院の給料ってどれくらい?

 

ちなみに大阪医科大学附属病院で働いている看護師は、
どれくらいの給料をもらっているのでしょうか?

 

モデル給 正看護師・新卒・4年卒の場合
想定年収 年収4,251,640円
賞与 年2回(4.6ヶ月+51,000円)
月給 295,970円
基本給 220,970円
諸手当 主要手当(75,000円)、夜勤手当(12,000円/回)、住宅手当(最大27,000円)、残業手当、通勤手当

 

大阪医科大学附属病院の給料ですが、
賞与が4.6ヶ月とかなり高めとなっていることに加えて、
住宅手当が27,000円支給されたりと比較的給料水準は高めです。

 

また昇給率も良いので経験年数を積めば給料は高くなるのですが、
結婚や出産を機に退職してしまう人が多い職場環境です。

 

 

 

大阪医科大学附属病院の施設情報

 

病床数 901床
救急指定 二次救急
看護基準 7:1
求人頻度 普通
診療科目 ◎消化器科、神経内科、呼吸器内科、リウマチ膠原病内科、血液内科、循環器内科、腎臓内科、総合診療科、精神神経科、小児外科、乳腺・内分泌外科、脳神経外科、整形外科、小児科、形成外科、産科・生殖医学科、婦人科・腫瘍科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、呼吸器外科、心臓血管外科・小児心臓血管外科、腎泌尿器外科、放射線診断科・放射線治療科、麻酔科、リハビリテーション科、歯科口腔外科

※強みのある科目は◎太文字にしています。

 

 

病院ご担当者の方へ

当サイトは看護師さんからの口コミによって成り立っておりますが、
もし施設情報や状況などの変化がありましたらこちらまでお寄せ頂けますと幸いです。

 

 

 

大阪医科大学附属病院のメリット・デメリット

 

メリット

 

キャリアアップが目指せる環境

大阪医科大学附属病院では大学病院ということもあって、
勉強会や研修に参加出来る機会はかなり多いです。
院内の勉強会に限らず院外でも興味のある分野であれば、
上司に申請すれば基本的には積極的に参加させてもらえます。

 

 

連休は取得しやすい

大阪医科大学附属病院では有給は比較的使いやすいので、
5日間の夏季休暇に有給を合わせて7〜10日連休も取得が出来ます。
毎年夏休みには病棟内で交代で連休を取って海外に行ったりしています。

 

 

デメリット

 

ママさんナースには働きづらい

各病棟にほとんどママさんナースとして働いている人はいません。
残業や夜勤が免除されることもない職場環境ということもあって、
ママさんナースにとっては家族のサポートがないと、
家庭と仕事の両立をすることは難しいと思います。

 

 

プライベートの時間はなかなか取れない

大阪医科大学附属病院では勤務の日は残業続きで帰りも遅く、
休日であっても勉強会や研修で出勤になるケースが多いので、
なかなかプライベートの時間をゆっくり取ることが出来ません。

 

 

 

大阪医科大学附属病院で働いていた看護師の口コミ

 

最近ではPNS(パートナーシップ)を取り入れているので、
新人看護師にとっては、安心して仕事も覚えられると思います。
毎年新卒が大量に入ってくるので教育はしっかりとしていて、
そこはさすが大学病院だなという感じです。

 

病院全体的に子育てをしているナースがとにかく少ないです。
そのため数少ないママさんナースは肩身が狭い思いをしています。
基本的にはキャリアアップを目指す若いナースが働く職場なので、
結婚・出産を気に退職する人の方が多いと思います。

 

大学病院の割に管理衛生面は不安に感じるところもありました。
地域の民間病院ほどではありませんが、国公立病院の方が
まだ感染対策をしているのでは?というレベルだったのでビックリしました。
また私が働いている病棟は20代のナースが多くて、
みんないい人ばかりだったので人間関係は問題なかったです。

 

 

病院の評判・口コミ情報をもっと詳しく知りたい人へ

 

病院の内部事情をもっと知りたい場合は、
看護師転職サイトの「マイナビ看護師」に相談することをオススメします。

 

 

ブラック病院は排除して紹介

転職エージェントの対応が丁寧

給料・条件交渉をしてもらえる

 

 

数ある看護師転職サイトの中でも、
紹介実績も多く看護師の口コミに詳しいのが特徴です。

 

 

実際の残業時間
人間関係について
看護師の離職率

 

 

…など事前に調べることが出来るので、
実際に入ってからのミスマッチも減らすことが出来ます。

 

 

マイナビ看護師で病院の内部情報について調べてみる

 

 

マイナビ看護師ってどんなところ??⇒評判を確認する