MENU

三島救命センターってどう?⇒看護師の求人と評判・口コミを見てみる!

 

三島救命センターのホームページ

 

高槻市にある三島救命センターですが、
北摂エリアを代表する三次救急を担う救命センターです。

 

 

三次救急ということで常に救急件数も多いので、
残業も多くハードな職場環境だと言われています。

 

 

ただ様々な症例の患者さんをみることが出来るので、
救急を学びたい人にとってはやりがいを感じられると思います。

 

 

 

 

実際に働いている看護師の声を元に内部情報をまとめてみたので、
もし転職を考えている人がいれば是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

三島救命センターのリアルなところ

 

給料
忙しさ(残業)
有給消化
人間関係
設備の新しさ
総合的なおすすめ度

※実際に働いている看護師に聞いた情報です。

※独自の調査によるデータのため配属先によって相違があるケースもあります。


 

三島救命センターはとにかく救急件数が多いので、
残業も毎日2〜3時間は当たり前と言われています。

 

 

忙しい時期は21時を超えてしまう日もあるようで、
働いている看護師としては覚えることもたくさんあるので、
勉強もしないといけないので体力的にもかなりハードな環境です。

 

 

また月9日の休みは取れますが、
それ以外の有給はほぼ取れない状況なので、
毎年有給を10日以上捨てている人がほとんどです。

 

 

 

 

また働いているスタッフはモチベーションが高い人が多いので、
仕事上では厳しい人も多くミスがあればキツく叱られますが、
オンオフはしっかりと分けられる人ばかりなので、
プライベートでは先輩ナースも優しい人が多いです。

 

 

ワークライフを取りながらゆるく働きたい人には合わない病院ですが、
三次救急を学びたい人には最適な職場環境だと思います。

 

 

三島救命センターの給料ってどれくらい?

ちなみに三島救命センターで働いている看護師は、
どれくらいの給料をもらっているのでしょうか?

 

モデル給 正看護師・経験3年目の場合
想定年収 年収4,595,795円
月給 月給313,430円
賞与 834,635円(3.95ヶ月)
基本給 211,300円
諸手当 調整手当(21,300円)、夜勤手当(11,000円/回)、住宅手当(賃貸世帯主:27,000円、持ち家の世帯主:5,000円)、残業手当、通勤手当

 

三島救命センターの給料は賞与が3.9ヶ月と高めですが、
月給に関してはそこまで高くはありません。

 

学びたい気持ちが強い人であれば勉強期間と割り切れますが、
ハードワークの割には給料が低いので不満に感じる人も少なくありません。

 

 

 

三島救命センターの施設情報

 

病床数 41床(ICU8床含む)
救急指定 三次救急(月100件)
看護基準 7:1
求人頻度 普通
診療科目 内科、外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、放射線科、麻酔科

 

 

病院ご担当者の方へ

当サイトは看護師さんからの口コミによって成り立っておりますが、
もし施設情報や状況などの変化がありましたらこちらまでお寄せ頂けますと幸いです。

 

 

 

三島救命センターのメリット・デメリット

 

メリット

 

看護師としてのキャリアアップが出来る

三島救命センターでは様々な症例をみることが出来、
更には看護師としてのスキルアップも目指せる環境です。
病院全体の教育プログラムもしっかりとあるので、
ここの病院で3年働けば、どこへ行っても通用するようになれます。

 

 

男性看護師として活躍している人も多い

三島救命センターでは男性看護師会が発足されるほど、
男性看護師として働いている人が多い病院です。
男性看護師が多い配属先は人間関係も穏やかなので、
人間関係の構築においても重要な役割を果たしています。

 

 

デメリット

 

ハードワークな職場環境

三島救命センターでは残業も多く休みは取りにくいので、
働いている間はプライベートの時間はほとんど取れません。
勉強会や研修で休日出勤することも多いので、
築いたら6連勤していた…ということも日常茶飯事です。

 

 

給料がかなり低い

三島救命センターでは上記にように忙しい環境の割に、
給料はかなり低いので不満を感じる人も多いようです。
夜勤に6〜7回入っても手取り25万円をなかなか超えないので、
給料アップを目指す人には合わない病院だと思います。

 

 

 

三島救命センターで働いていた看護師の口コミ

 

残業も多く休みの融通がききにくいので、ママさんナースはかなり少ないです。
基本的には妊娠した時点で退職を考える人がほとんどで、
仮に産休を取ったとしても産休明けに辞める人も多いです。
個人的には三次救急が学びたくて入職したこともあって、
様々な症例の患者さんがみれていい経験になりました。

 

認定看護師や専門看護師も多く在籍していたので、
資格を目指したい人にとっては学べる環境だと思います。
病院としても資格支援のサポートがあるので、
勤務しながらでも認定・専門看護師を目指せます。

 

私は新卒で三島救命センターに入ったのですが、
1年立ったら同期は半分以上が辞めてました。
それだけハードな職場環境なので、心身ともに強くないといけません。
私自身は救命センターで働きたいという目標があったので、
日々の救急対応にはすごくやりがいを感じてます。

 

 

病院の評判・口コミ情報をもっと詳しく知りたい人へ

 

病院の内部事情をもっと知りたい場合は、
看護師転職サイトの「マイナビ看護師」に相談することをオススメします。

 

 

ブラック病院は排除して紹介

転職エージェントの対応が丁寧

給料・条件交渉をしてもらえる

 

 

数ある看護師転職サイトの中でも、
紹介実績も多く看護師の口コミに詳しいのが特徴です。

 

 

実際の残業時間
人間関係について
看護師の離職率

 

 

…など事前に調べることが出来るので、
実際に入ってからのミスマッチも減らすことが出来ます。

 

 

マイナビ看護師で病院の内部情報について調べてみる

 

 

マイナビ看護師ってどんなところ??⇒評判を確認する