MENU

喜馬病院ってどう?⇒看護師の求人と評判・口コミを見てみる!

 

喜馬病院のホームページ

 

 

東大阪市にある喜馬病院ですが、
急性期病院ではありますがワークライフバランスに力を入れており、
働いている看護師からの評判も良い病院だと言われています。

 

 

その要素として、、、

残業がほとんどない
年間休日120日
有給消化率100%

 

 

上記の3点があげられますが、
実際に働いている看護師はどのように感じているのでしょうか?

 

 

 

喜馬病院で働いている看護師の声を元に内部情報をまとめてみたので、
もし転職を考えている人は是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

喜馬病院のリアルなところ

 

給料
忙しさ(残業)
有給消化
人間関係
設備の新しさ
総合的なおすすめ度

※実際に働いている看護師に聞いた情報です。

※独自の調査によるデータのため配属先によって相違があるケースもあります。


 

喜馬病院では年間休日120日と休日数が多いですが、
更には有給消化率が100%ということもあって、
全体的にかなり休みの数が多くなってきます。

 

 

そのため夏季休暇と有給を合わせて連休を取る人も多く、
毎年海外旅行に行くのをモチベーションにしている人もいます。

 

 

 

 

また残業も病院として「残業はなるべくしない」という方針なので、
よっぽどのことがない限り残業になることはほとんどありません。

 

 

急性期病院でここまでワークライフバランスが取れるのは珍しく、
働いている看護師の満足度はかなり高いみたいです。

 

 

ちなみに看護部長さんが2013年に交代したのですが、
男性の看護部長さんに交代してからは、
看護師の若返えりを図ろうとしているようで、
全体的に20代の看護師をメインに採用しているようです。

 

 

そのため病院内のスタッフの平均年齢も、
20〜30代がかなり多くなっています。

 

 

喜馬病院の給料ってどれくらい?

 

ちなみに喜馬病院で働く看護師は、
どれくらいの給料をもらっているのでしょうか?

 

モデル給 正看護師・経験5年目の場合
想定年収 年収4,356,000円
月給 月給308,200円
賞与 657,600円(3ヶ月)
基本給 219,200円
諸手当 資格手当(20,000円)、現物手当(8,500円)、皆勤手当(10,000円)、夜勤手当(12,000円)、日直手当(2,500円)

 

喜馬病院は賞与が3ヶ月と低めで、
全体的な給料水準もかなり低いと言われています。

 

5年目の看護師で年収430万円とありますが、
給料アップを目指す人にとっては物足りない病院だと思います。

 

 

 

喜馬病院の施設情報

 

病床数 123床(一般:43床、地域包括ケア:37床、回復期リハビリテーション:43床)
救急指定 二次救急
看護基準 7:1
求人頻度 普通
診療科目 内科、外科、◎消化器科 、脳神経外科、皮膚科、整形外科、肛門科、放射線科、 リハビリテーション科、麻酔科

※強みのある科目は◎太文字にしています。

 

 

病院ご担当者の方へ

当サイトは看護師さんからの口コミによって成り立っておりますが、
もし施設情報や状況などの変化がありましたらこちらまでお寄せ頂けますと幸いです。

 

 

 

喜馬病院のメリット・デメリット

 

メリット

 

ワークライフバランスが取りやすい

喜馬病院は残業ほぼ0、年間休日130日以上ということもあって、
実際には子供がまだまだ小さいママさんナースが多いも特徴です。
病院の近くには託児所もあります。

 

また病院での勤務でどうしても体力的にキツイと感じるようであれば、
病院と併設の老健施設があったり、徒歩3分の場所に有料老人ホームがあったりと、
空きさえあればいつでも異動が出来るのもいいですね。

 

 

看護師同士の人間関係が良い

喜馬病院は看護師の平均年齢が34歳ということもあって、
比較的若い看護師の数が多いと言われています。

 

2014年に男性の看護部長に交代になったのですが、
その看護部長さんは看護師からも慕われており、
面接の時も「トラブルを起こしそうな看護師は不採用にする」
という徹底ぶりもあって、職場の雰囲気は非常に良いです。

 

 

デメリット

 

キャリアアップには物足りない環境

喜馬病院は急性期病院と言っても重症の患者さんはほぼいません。
そのため、看護師としてのキャリアアップを目指している人であれば、
喜馬病院での勤務は物足りないと感じてしまうでしょう。

 

 

とにかく給料が安い

東大阪周辺には河内総合病院、八尾徳洲会総合病院、
ながはら病院など給料が比較的高い病院が多い中で、
軍を抜いて給料が低いのが喜馬病院です。

 

 

 

喜馬病院で働いていた看護師の口コミ

 

病棟の看護師人数が多いので、業務量の負担は少ないです。
日勤だけでも常に11〜13人はいる状態なので、
新しい看護師が入ってきても余裕を持って教育にも望めます。

 

3年前くらいは一時期、看護師の離職率が高かったこともありますが、
看護部長が変わってからは退職者はかなり減ったように思います。

 

私は喜馬病院の隣に併設されているヴァンベールという施設で働いていました。
病院の方は残業はほぼないといいながらも、なんだかんだ多少はあったので(汗)、
「面接の時に0って聞いたので…」と部長に相談したら、施設への異動を打診されました。

 

施設に移ってからは、定時になったら基本的にはスグにあがれるので、
子供保育園の迎えでハラハラすることはなくなりました。

 

 

病院の評判・口コミ情報をもっと詳しく知りたい人へ

 

病院の内部事情をもっと知りたい場合は、
看護師転職サイトの「マイナビ看護師」に相談することをオススメします。

 

 

ブラック病院は排除して紹介

転職エージェントの対応が丁寧

給料・条件交渉をしてもらえる

 

 

数ある看護師転職サイトの中でも、
紹介実績も多く看護師の口コミに詳しいのが特徴です。

 

 

実際の残業時間
人間関係について
看護師の離職率

 

 

…など事前に調べることが出来るので、
実際に入ってからのミスマッチも減らすことが出来ます。

 

 

マイナビ看護師で病院の内部情報について調べてみる

 

 

マイナビ看護師ってどんなところ??⇒評判を確認する